共同事業について

現在、ビジネスのさまざまな局面において、とくに観光・インバウンド領域では、複数の企業・自治体が連携や協業によって課題解決を進める取り組みが増えつつあります。新たなマーケットで新しい顧客をターゲットにイノベーションを起こすには、共同事業もしくは共創型プロジェクトが有効なケースは多いと考えられます。

凸版印刷株式会社の推進する観光・インバウンド事業「TABIDO」では、日本のインバウンドビジネスを盛り上げるため、また2020年とその先の真の観光立国実現に向け、地域が抱える課題を解決するために、凸版印刷単独ではなく、さまざまな企業や自治体と連携して事業やソリューションを展開することが重要であると強く感じています。

観光・インバウンド領域における事業検討/サービス創出において、ビジネスパートナーをお探しでしたら、お気軽にお問合わせください。